セブンアンドワイ

デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2009年05月11日

地取り

著者/訳者名 飯田裕久/著
出版社名 朝日新聞出版 (ISBN:978-4-02-250591-0)
発行年月 2009年05月
サイズ 302P 20cm
価格 1,785円(税込)
下北沢の一戸建の別々の部屋で血まみれの男女が倒れている、との一報を受けた警視庁捜査1課殺人犯捜査第15係の釜本巡査部長が現場に到着すると、65歳の父と19歳の娘が刺殺されていた。凶器は刃の長い刺身包丁で被害者宅のものではない。犯人の動機は、怨恨か、窃盗か?釜本はさっそく地取りを開始する…。マスコミ各紙誌で絶賛された『警視庁捜査一課刑事』の著者の小説デビュー作。
posted by ブックス at 21:42| ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

パラドックス13  東野圭吾

著者/訳者名 東野圭吾/著
出版社名 毎日新聞社 (ISBN:978-4-620-10739-4)
発売予定日 2009年04月中旬
予定価格 1,785円(税込)
十三時十三分、突然世界から人間の姿が消えた。巨大な無人島と化した東京で始まる、壮絶なサバイバル劇。論理と論理を問うエンターテインメント巨編!!
posted by ブックス at 21:00| ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

暴雪圏

著者/訳者名 佐々木譲/著
出版社名 新潮社 (ISBN:978-4-10-455507-9)
発行年月 2009年02月
サイズ 403P 20cm
価格 1,785円(税込)
NEC ノート(LaVie G タイプN) NEC ノート(LaVie G タイプLスタンダード(s))
最大瞬間風速32メートル。十勝平野が十年ぶりの超大型爆弾低気圧に覆われた日の午後、帯広近郊の小さな町・志茂別ではいくつかの悪意が蠢いていた。暴力団組長宅襲撃犯、不倫の清算を決意した人妻、冴えない人生の終着点で職場の金を持ち出すサラリーマン…。それぞれの事情を隠した逃亡者たちが辿りついたペンション・グリーンルーフで、恐怖の一夜の幕が開く。すべての交通が遮断された町に、警察官は川久保篤巡査部長のほかいない。超弩級の警察小説。
posted by ブックス at 14:22| ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

イノセント・ゲリラの祝祭



映画化、テレビドラマ化もされた第4回『このミス』大賞受賞作の『チーム・バチスタの栄光』は累計320万部突破、続編の『ナイチンゲールの沈黙』も140万部を突破し、驚異の新人と謳われる海堂尊。彼の原点でもある「田口・白鳥シリーズ」の最新刊がいよいよ登場です!  今回の舞台は厚生労働省。なんと、窓際医師の田口が、ロジカルモンスター白鳥の本丸・医療事故調査委員会に殴り込み!?  グズグズな医療行政を田口・白鳥コンビは変えることができるのか……。1年半ぶりに戻ってきた彼らの活躍にご期待ください。
posted by ブックス at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

もう誘拐なんてしない



北九州ヤクザの娘・絵里花が計画した狂言誘拐。そうとは知らず本気で妹を助けようと動くヤクザ顔負けの姉・皐月。そして殺人が!
俺が、おまえを誘拐してやろうか?ひょんなことからヤクザの組長の娘を誘拐する羽目になった翔太郎。関門海峡を挟んで、脱力感あふれる青春が、小気味よい九州弁が、驚愕のミステリーが炸裂する。とびきりキュート、空前の身代金トリック。

発行年月: 2008年01月
posted by ブックス at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

エピデミック



東京近郊、農業と漁業の町、崎浜。二月に花の咲きほこる常春の集落で、重症化するインフルエンザ患者が続出?現場に入った国立集団感染予防管理センター実地疫学隊隊員・島袋ケイトは、ただならぬ気配を感じていた。果たしてこれはインフルエンザなのか?ケイトは、総合病院の高柳医師、保健所所員の小堺らと、症例の多発地区に向かう。重症患者が爆発的に増え、死者が出はじめても、特定されない感染源。恐怖に陥った人々は、住民を感染地区に閉じこめ、封鎖をはじめた。ケイトは娘を母に預け、人類未到の災厄を封じこめるため、集団感染のただ中に飛びこんだ―。

発行年月 2007年11月
posted by ブックス at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

堕天使拷問刑



両親を事故で亡くした中学1年生の如月タクマは、母方の実家に引き取られるが、そこでは魔術崇拝者の祖父が密室の蔵で怪死していた。さらに数年前、祖父と町長の座をめぐり争っていた一族の女三人を襲った斬首事件。二つの異常な死は、祖父が召喚した悪魔の仕業だと囁かれていた。そんな呪われた町で、タクマは「月へ行きたい」と呟く少女、江留美麗に惹かれた。残虐な斬首事件が再び起こるとも知らず…。

発行年月: 2008年01月
posted by ブックス at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

水妖日にご用心 長編新伝奇小説


icon
icon
水妖日にご用心
icon
著者/訳者名 田中芳樹/著
出版社名 祥伝社 (ISBN:978-4-396-20840-0)
発行年月 2007年12月
サイズ 216P 18cm
価格 860円(税込)

南アジア某国の王子様が来日した。ハンサムでスポーツマン、資産はじつに三兆ドル。日本中の女性が大さわぎする中、マンガしか読まない外務大臣の頼みで、巨大テーマパークの貸し切り権を王子に譲った薬師寺涼子警視。そこで惨劇は起こった。人気キャラクター半魚姫に扮した美女に王子様がおそわれたのだ。テロリストの動機は王位をめぐる暗闘か、膨大な地下資源にからむ争いか、それとも復讐か?雷鳴とどろき、豪雨が東京を水没させる中、警視庁の破壊美神・涼子が忠臣・泉田準一郎を従えて暗殺者を追う。長編新伝奇小説、書下ろし。

〜Amazonを見てみる〜
posted by ブックス at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

コスプレ幽霊紅蓮女


icon
icon
コスプレ幽霊紅蓮女
icon
著者/訳者名 上甲宣之/著
出版社名 宝島社 (ISBN:978-4-7966-6166-9)
発行年月 2008年01月
サイズ 458P 16cm
価格 590円(税込)

陰気で、友人も恋人もいない史代は、周囲からダメ教師のレッテルを貼られ敬遠されている。そんな彼女の生きがいは、ちまたで有名な幽霊「紅蓮女」の変装をして人を驚かすこと。怪奇スポットや自殺の名所を徘徊し、その場に居合わせた人々を怖がらせることに喜びを感じていた…。口裂け女、都市伝説パーティー、生き神信仰、呪いの手紙、電話男―徘徊先で遭遇する事件に紅蓮女が立ち向かう。

Amazonで購入
posted by ブックス at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

アンダーリポート


icon
icon

アンダーリポート
icon
著者/訳者名 佐藤正午/著
出版社名 集英社 (ISBN:978-4-08-774894-9)
発行年月 2007年12月
サイズ 334P 20cm
価格 1,680円(税込)

過去はあなたを話さない。
決断そして実行。ふたつの人生の許されざる接点。

古堀徹は、地方検察庁の検察事務次官。十五年前の冬、マンションの隣室に住んでいた村里ちあきの父親・賢一が殺された。現在、大学生となった当時四歳のちあきが訪ねてきたことで、古い記憶が呼び起こされる。 事件当夜。古堀は、学生時代の友人と会うというちあきの母・悦子から娘を預る。悦子が帰宅する前の午後10時過ぎに古堀が目にしたのは、マンションの駐車場に横たわる賢一の撲殺死体だった。古堀は事件前後の悦子の言動から、彼女と事件の関連性に疑惑を抱く。

〜Amazonを見てみる〜
posted by ブックス at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁断のパンダ


icon
icon

禁断のパンダ
icon
著者/訳者名 拓未司/著
出版社名 宝島社 (ISBN:978-4-7966-6194-2)
発行年月 2008年01月
サイズ 343P 20cm
価格 1,365円(税込)

『四日間の奇蹟』(浅倉卓弥)、『チーム・バチスタの栄光』(海堂尊)など話題作を次々に生み出す、『このミステリーがすごい!』大賞。第6回を迎えた今年の大賞受賞作は、「この10年で一番美味しいミステリー。いますぐフレンチが食べたくなる」大森望(翻訳家・評論家)、「美食というのは体に毒だ。でもこのミステリーでなら大丈夫。ごちそうさま!」香山二三郎(コラムニスト)、「まさしく美味??この美食ミステリーを『このミス』大賞に迎えられたことを、選考委員として誇りに思う」茶木則雄(書評家)、「グルメファンは大注目」吉野仁(書評家)と、選考委員から絶賛された★★★の美食ミステリー。新進気鋭の料理人と、鋭い味覚をもつ元料理評論家が覗くグルメ界の闇とは……。じっくりお楽しみください。
posted by ブックス at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

夜を守る 石田 衣良


icon
icon

夜を守る
icon
著者/訳者名 石田衣良/著
出版社名 双葉社 (ISBN:978-4-575-23606-4)
発行年月 2008年02月
サイズ 283P 20cm
価格 1,575円(税込)

上野・アメ横。繁、サモハン、ヤクショの三人はこの街で暮らす幼なじみ。仕事上がり馴染みの定食屋に集まるのを楽しみに生きてるクールじゃない毎日。だが、ある事件をきっかけに、アメ横の夜を守るべく「チーム」を結成することに。痛快青春ミステリー。
posted by ブックス at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

QED諏訪の神霊



天下の奇祭「御柱祭」に封じられた怨念が解き放たれる最新作!!
長野県・御柱祭の最大の見せ場である木落坂で、うねり暴れる御柱から振り落とされ、一人の男が亡くなった。1ヵ月後、諏訪大社の血生臭い神事を調べるため同地を訪れた桑原崇と棚旗奈々は奇妙な連続殺人に遭遇する。「御柱祭」とともに1200年続く「御頭祭」の意味とは?一連の事件を結ぶ恐るべき因縁が、今明らかにされる!!

発行年月: 2008年01月
posted by ブックス at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

ドリームガール



かつて非行に走り家族にも見捨てられたところをスペンサーに救われ、ニューヨークの高級娼婦となったエイプリエル・カイル。すっかり成長した彼女が、ひさしぶりにスペンサーの前に姿を見せた。ニューヨークのマダムから託され、自らがボストンで経営している娼館に、何者かの嫌がらせが続いているというのだ。女たちは怯え、客が逃げはじめている。エイプリルの頼みで、さっそくホークと共に護衛に乗りこむスペンサー。だが、脅迫の裏には事情があるようだ。地元ギャングの縄張り争い、エイプリルの背後に見え隠れする男の影…事件は複雑な様相を見せはじめる。エイプリルをトラブルから救い出すべく、スペンサーはニューヨークへ飛ぶ!『儀式』『海馬を馴らす』で登場したエイプリルが再登場をはたす、注目のシリーズ最新作。

発行年月 2007年12月
posted by ブックス at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

夢の終わりとそのつづき



刑事を辞めて八ヵ月。雑誌への寄稿で食いつないでいた俺・柚木草平を、絶世の美女が訪ねてきた。ある男を一週間尾行するだけの簡単な仕事に、二百万円もの報酬。買い食いしながら一日歩きまわるのを尾けていたところが、三日目に男は謎の餓死。死の直前まで、飲み食いしていたはずなのに―。アクロバティックな展開と会話の味が秀逸な、柚木草平“三十五歳”の事件。初文庫化。

発行年月: 2007年07月
posted by ブックス at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

悪人海岸探偵局



ギャルとギャングが溢れかえる悪人海岸で、腕っ節と度胸を武器に、私立探偵・木須志郎が大暴れ!「気にいった女の子には熱いオンリップのキッスを、気にいらねえ野郎には固いオングラウンドのキッスを」がモットーで、悪いヤツには滅法強いが、お色気と情にはとことんもろいナイスガイ。はてさて事件は解決するのか…。痛快!ハードボイルド連作。

発行年月: 2007年12月
posted by ブックス at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔女の盟約



地獄島を破壊し釜山に逃げた水原は何とか日本に戻るが、自分が「組織」のある企みに利用されていたことを知り、報復に動き出す!

発行年月: 2008年01月
posted by ブックス at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

ゾラ・一撃・さようなら



孤独で気ままな探偵・頸城悦夫(くびき・えつお)の元に、タレントで元都知事の法輪清治郎から「天使の演習」という芸術品を取り戻してほしい、という依頼が持ち込まれる。クライアントは志木真智子という、若く美しい女性。母親の貴子は法輪の元愛人らしい。しかも真智子は、今、世界的に有名になっている殺し屋の“ゾラ”が次にねらっているのが法輪清治郎だというのだ。法輪の本を出したい編集者であると偽って、頸城は法輪に近づくが、同時に真智子にも魅入られ、どんどんはまっていく。法輪に気に入られ、法輪邸に滞在して取材することを許可された頸城は、「天使の演習」のありかと、法輪の周囲に起きる不穏な事件の真相を探り、ゾラの殺人予告に立ち向かう。友人の赤城都鹿や舞台女優の水谷優衣ら、頭脳明晰で魅惑的(頸城との間に何かあるとかないとか・・・)な女性たちも活躍する、おしゃれで軽快な大人の探偵小説。

発行年月: 2007年08月
posted by ブックス at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もえない



クラスメートの杉山が死に、僕の名前を彫り込んだプレートを遺していった。古い手紙には「友人の姫野に、山岸小夜子という女と関わらないよう伝えてほしい」という伝言が。しかし、その山岸もまた死んでしまったらしい。不可解な事件に否応なく巻き込まれてゆく僕は、ある時期から自分の記憶に曖昧な部分があることに気づき始める。そして今度は、僕の目前で事件が―。

発行年月: 2007年12月
posted by ブックス at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

窓辺の疑惑



看護師の母と2人で暮らす少年・ザカリは、アパートメントに住む隣人の飛び降り自殺を目撃してしまう。おりしも、町では美人ばかりを狙った連続殺人事件が起きていた。犯人は、いまだに捕まっていない―。亡くなった隣人の部屋にひとりの男が引っ越してくる。夜になると男はバイクでどこかに出かけているようだ。新しい隣人に関心を持ったザカリは、ある日、男をつけてみると、向かいのアパートメントの屋上からボクたちを覗いていた!?そして、3人目の犠牲者が出た―。歪んだ愛情がもたらす衝撃の結末。驚きのあとに、まだ驚きが用意されていようとは―。緻密に組み立てられたストーリーで、フランス・ミステリー界を震撼させた話題作。

発行年月 2008年01月
ビーケーワン(BK1)書店を見てみる〜

楽天ブックスを見てみる〜
posted by ブックス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。