セブンアンドワイ

デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2009年02月24日

おくりびと

著者/訳者名:滝田洋二郎/監督 小山薫堂/脚本 
百瀬しのぶ/著
出版社名:小学館
発売予定日:2009年02月28日
予定価格:460円(税込)
遺体を棺に納める仕事を、大悟は妻の美香に打ち明けられなかった。戸惑いながらも働きはじめた大悟は、佐々木の納棺師としての真摯な姿勢を目の当たりにする。さまざまな境遇の死や別れと向き合ううちに、この職業への矜持が大悟の心に芽生えていくのだが…。人の生と死をユーモアと感動で描き、笑って泣いたあとには大きな愛が胸に届く物語。
Sony Style(ソニースタイル)
posted by ブックス at 22:10| 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

夕映えの道 よき隣人の日記



ジャンナは高級女性誌の有能でファッショナブルな副編集長。数年前に夫と母を癌で亡くして、彼女の人生は大きく変わった。ひとりぼっちになったジャンナは、もう若くはなく、よりどころもない自分のもろさをはじめて意識する。そんな時、近所の薬局で90歳過ぎの貧しい独り暮らしの老女モーディーと出会い、その独立心旺盛な強い個性に惹かれ、しだいに人間的な絆で結ばれてゆく。老いの孤独と仕事をもつ女性の問題に真摯にむきあい、切なくもしみじみと深く胸を打つ、正真正銘の感動作。

発行年月: 2003年09月
ビーケーワン(BK1)書店を見てみる〜

楽天ブックスを見てみる〜

posted by ブックス at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

ノルゲ



ノルウェーの美術大学に留学することになった染色家の妻。その旅に同行することになった主人公。妻の主任教授・エディット、同級生・メリエッタ、同じアパートに住むリーヴ、心に傷を負った少年・エスペン。ノルウェーの小説家・ヴェーソースの小説『The Birds』を訳しながら、主人公はノルウェーでの野鳥のさえずりに興味を持ちはじめる。光り輝く北欧の夏、太陽の消える陰鬱な冬、歓喜とともに訪れる春。ノルウェーでの一年間を、自らの体験、意識をとおし、細やかに紡ぎ出した傑作長篇小説。六年の歳月を経て書き継がれた、精神の快復、そして希望の再生の物語。私小説作家の新境地。

発行年月: 2007年06月
ビーケーワン(BK1)書店を見てみる〜

楽天ブックスを見てみる〜
posted by ブックス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

魍魎の匣



累計500万部を超えるベストセラー「京極堂(百鬼夜行)シリーズ」。なかでも日本推理作家協会賞に輝き最高傑作の呼び声高い『魍魎の匣』が、原作者本人も「びっくりした」と言う大胆なアプローチでついに映画化! 監督・脚本は『金融腐食列島 呪縛』『突入せよ!「あさま山荘」事件』の原田眞人。キャストは京極堂店主:堤真一、榎木津礼二郎:阿部寛、柚木陽子:黒木瞳と豪華オールキャストの夢の共演!

発行年月: 1999年09月
楽天ブックスを見てみる〜

ビーケーワン書店を見てみる〜(^^♪

posted by ブックス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

好かれようとしない



わたし、好きだ、このひと。鍵屋の若旦那に恋をした風吹の心に、やすやすとは開けられない錠前が取りつけられてしまった!? 一途な恋を描いた、明るく切ない長編ラブストーリー。

発売日: 2007/11/13
posted by ブックス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

荒木飛呂彦

ユリイカ 2007年11月臨時増刊号 総特集=荒木飛呂彦〜鋼鉄の魂は走りつづける
出版社名 青土社 (ISBN:978-4-7917-0170-4)
発行年月 2007年11月
価格 1,200円(税込)

2007年現在、100巻になんなんとする荒木飛呂彦の大河連載 『ジョジョの奇妙な冒険』 は、スタンドをはじめとする独創的なイマジネーション、それを完璧に定着する圧倒的な描写力、緻密なプロット、特異にして必然的というほかない擬音、そして何よりもいかなる絶望的な状況においても、奇跡や魔法にすがらずあくまでも自分(たち)の理知と勇気を以って事態を打開していく骨太の 「人間賛歌」 として、90年代以降のマンガ・小説・ゲーム・映画 etcに多大な影響を及ぼしている。
 他の何よりもカルト的な奇想を横溢させながらも、他の何よりもポップな人気を勝ち得ている荒木飛呂彦のマンガは、確実に日本のマンガ文化が生んだ最高の表現の一つであり、未来の漫画史において手塚治虫や藤子不二雄と肩を並べるであろうことは疑いえない。マンガ界に 「天才」 は数多くいれども、その彼らすらもが一致して 「天才」 と賞するのはおそらく荒木飛呂彦をおいて他には存在しないだろう。
 同時代に生まれたことを感謝せずにはいられない、唯一にして無二の才能の約30年に亘る仕事の全貌をいまここに明らかにする!
posted by ブックス at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

東京少女

東京少女 (Linda BOOKS!)
著者/訳者名 林誠人/〔脚本〕著 笹原ひとみ/〔ノベライズ〕著
出版社名 泰文堂
ISBN:978-4-8030-0125-9
発行年月 2007年12月
サイズ 219P 15cm
価格 600円(税込)

高校生の未歩は、母と二人暮し。亡き父の思い出を引きずる未歩は、母から突然、再婚相手を紹介されて動揺する。そんなとき、ふとしたアクシデントが元で未歩はケータイを失くしてしまう。その夜、未歩は自分のケータイに電話をすると、電話に出たのは100年前、明治時代の青年・時次郎だった。互いにとまどいつつも、次第に惹かれあっていく二人。しかし、「別れ」のときは確実に近づいていた…。百年の時を隔てた恋物語。
posted by ブックス at 03:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

星空放送局

星空放送局
著者/訳者名 中村航/作 宮尾和孝/絵
出版社名 小学館
ISBN:978-4-09-386197-7
発行年月 2007年11月
サイズ 95P 20cm
価格 1,365円(税込)

ハーイ。ボクDJ、サトザキ・宇宙。この番組はボクらの夜空をデザインする、空相アルメイダ、18階特別ブースからお届けします。表題作のほか「出さない手紙」「カラスは月へ」を収録した、イラスト+ピュアストーリー。
posted by ブックス at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

失われた時を求めて(第1巻(第1篇『スワン家の方へ)


世界文学史上不朽の名作『失われた時を求めて』あまりにも有名なプルーストの大長編小説を完全コミック化!古典の冒涜か?名作の新解釈か?新しい読書体験への招待か?フランス本国でも評価の分かれた問題作。
posted by ブックス at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

彩乃ちゃんのお告げ




彩乃ちゃんのお告げ

橋本 紡著

税込価格:¥1,470
発行年月:2007年10月
素朴で真面目で礼儀正しい。一見ふつうの5年生だけど彩乃ちゃんには、見えている。周りの人のちょっとした未来が…。ふしぎな力をもつ少女がひきおこす3つの奇跡を描く、優しいファンタジック・ストーリー。

Amazonで購入
posted by ブックス at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

私の男

優雅だが、どこかうらぶれた男、一見、おとなしそうな若い女、アパートの押入れから漂う、罪の異臭。家族の愛とはなにか、超えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか?この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。黒い冬の海と親子の禁忌を圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。
posted by ブックス at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

長きこの夜




長きこの夜

夜中眼覚め脳裏に浮かぶのは、新婚時代のポニーテールの妻と若い自分、毎日オムツを取り替え自宅で見取った97歳の父。そして自分の葬式の死顔まで見えて…。老人の無明長夜(「長きこの夜」)。「赤い珠が出たらもう終わりらしい」―「不能」をめぐる男たちの侃々諤々。滑稽な会話で描く老年の性(「赤い珠」)。仕事をリタイアした4人の老年の男たちが始めた料理教室。その若い女講師を囲む奇妙な華やぎとほろ苦さ(「おにんどん」)。不気味な老男女は、学童疎開で私に煎餅を「献納」したコモリ姉弟なのか。(「死者たち」より「ズルズル・バッタン・チェッ」)。隅田川の橋の上、昭和初期の若き日の父・質屋の小僧信どんは語った。戦火のなか生き延びた父の描いた夢の真相(「橋の声」)。『黄落』から十二年、さびしくおかしい老年の一瞬の輝きを円熟の筆で描く七篇。最新短篇集。

発行年月 2007年09月

Amazonで購入
posted by ブックス at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

ROUTE 134




ROUTE 134

発行年月 2007年08月
価格 1,575円(税込)
やり直せない過去を抱えていても、未来に向かうことはできるのか、それともやはり無理なのか―。中学時代、憧れていた同級生・夕輝との行き違いで、いじめに遭った悠里。国道134号線沿いの小さなカフェでマスターをしていた夕輝と18年ぶりに会った悠里は、過去を忘れたかのように触れ合うが…。

posted by ブックス at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。